GoogleMapsのAPIは誰でも無料で使えます

ホームページに地図を表示するにはGoogleMapsAPIを利用するのが合理的です。かつては有料の地図サービス提供会社に高額な利用料を支払う必要がありました。現在ではGoogleMapsAPIの登場により企業・個人を問わず誰でも無料で利用できます。APIとはアプリケーションプログラミングインターフェースのことです。

ソフトウェアの機能を外部の人々と共有することを目的としてインターネット上で公開されています。ホームページでGoogleMapsを利用するには公開されているコードをHTMLファイルに記載します。アプリケーションプログラミングインターフェースを利用することでホームページやソフトウェアを開発する際に他のソフトウェアの機能を埋め込むことができます。GoogleMapsは基本的に誰でも無料で使える地図サービスですが、関連するAPIを利用して様々な機能を追加する有料サービスも存在します。

有料サービスは企業がビジネス目的で作成するホームページを対象としています。ルート検索や乗換案内、渋滞表示、地図利用者の分析など様々な機能を追加すればビジネス効率の向上につながります。無料の地図サービスでも十分な機能を有しているので、個人的な趣味だけでなくビジネス目的でも利用できます。表示可能な地図も日本国内だけでなく世界中の全ての地域が対象です。

JavaScriptを利用してアクセスするので、サーバー側でPHPなどのプログラミングは不要です。また無料サーバー上のホームページにも利用できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *