GoogleMapsのAPIを無料で利用するには

GoogleMapsはインターネットを通して誰でも無料で閲覧できる地図サービスです。ホームページを作成する際にそのAPIを利用すれば、企業・個人を問わず無料で導入することができます。GoogleMapsを自分のホームページで表示する方法はAPIキーを登録して、HTMLファイルにコードを記載します。コードはインターネット上で一般的に公開されており、キーを取得すればコピーしてHTMLファイルに貼り付けるだけで済みます。

非常にシンプルな作業で誰でも簡単に地図を導入できる点に特徴があります。APIとはアプリケーションプログラミングインターフェースを省略したものです。ソフトウェアの機能の一部を外部の人々と共有するためのインターフェースの仕様を意味します。ソフトウェアやホームページを作成する際に公開されているコードを利用して機能を埋め込むことができます。

GoogleMapsには関連する様々なアプリケーションプログラミングインターフェースが存在します。基本的に地図機能を利用するのは無料ですが、企業向けに有料で様々な機能を追加するサービスを行っている会社もあります。GoogleMapsと関連するAPIを利用すると45度の鳥瞰写真やルート検索、乗換案内、渋滞表示、移動距離表示、地図利用者の情報分析など様々な機能を追加できます。企業がビジネスを効率化する上で有料サービスは有効です。

一方無料サービスでも世界中の地図を利用でき、企業・個人を問わずホームページの利便性を向上させるのに十分な機能があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *