GoogleMapsAPIの料金体系は二種類です

Webサイトに掲載する場合、分かりやすい地図を一から作ろうとするなら、結構な手間暇が掛かります。しかし案内地図の作成料金はGoogleMapsAPIの利用をするなら、無料で済ます事は不可能ではありません。何故ならこのプランはスタンダードプランと呼ばれる種類の物で、予め決められた範囲内に限っては無料で利用出来るからです。とは言えある範囲の超過分からは、課金される仕組みです。

有料になる場合はクレジットカードでの支払いですが、GoogleMapsAPIで利用する料金は、インターフェース付きライブラリー単位での支払い方法が採られます。また、スマートフォン系OSで利用可能なGoogleMapsAPIの利用料金や、ソフトウェア開発キットは、ワンパッケージで無料で出来るのは魅力的と言って良いでしょう。対して業務等で利用を想定した、プロフェッショナル版とも言うべきプランも用意されています。こちらは、例えば企業ではセキュリティの強化を図る為に、インターネットへ接続を抑制したいという要望があるとします。

しかし社内の中、あるいは出張先での連絡、予定情報の共有化を図りたいと言う場合等は、当該プランを利用してイントラネットの構築が適切と言えるでしょう。また通信が混雑する為に起こる輻輳という現象等により、サービスが利用出来なくなる等の影響があれば、規定以上の稼働率低下は避けられません。この場合SLAという基準を設けているので、利用料金の減額が叶えられます。また、テクニカルサポートが付く等、有料であるけれども至れりつくせりの内容と言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *