スマホアプリでGoogleマップを使う

スマートフォン向けのアプリでGoogleマップのデータを使うサービスが増えています、スマートフォン向けのアプリでは従来地図データはとても高かったのですが、Googleマップでは無料枠が用意されており、多くのアプリでは無料で使えると評判です。特に使いやすいAPIは秀逸であり、アプリ開発においてデータ取得など面倒な部分がなくなっているのは大きな利点です。また、アプリについては個人、企業の差がなく、オープンなアプリなら無料枠がとても大きいのもうれしいところです。企業によっては自社用のアプリに搭載したいと考える場合もありますが、その場合は他の地図サービスよりも安い価格でデータ提供されています。

GoogleマップのAPIは基本的にJavascriptで書かれているのですが、スマートフォン向けにはSDKが用意されており、ネイティブに使えるライブラリが用意されています。ライブラリについてはGoogleの厳しいチェックを受けたものであり使いやすく、メモリ消費も少ないと好評です。スマートフォンはアプリ以外にウェブサービスでもGoogleマップを利用できます。アプリではなく、汎用的なウェブサービスとして地図データを利用する案件も多くなっています。

地図を張るだけならほぼ無料ですし、地図を利用してさまざまな情報を提供するサービスの場合もJavascriptで比較的簡単に高度なサービスを作り上げることができるようになっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *