Googleマップの利点と今後の使い方

Googleマップは無料で使える精度の高いマップサービスです。ゼンリンが毎日のように更新しているデータであり、国内はもとより海外でも利用が多いサービスです。Googleマップは地図表示のほかに航空写真、ストリートビューなどの写真を活用した道路表示が可能です。地図だけではわかりづらい周辺情報を取得できますし、実際に車で撮影した写真は運転している状況を知ることができて便利です。

この様な地図サービスはほかにはなく、また、地図データを無料で使えるのも珍しいです。Googleマップは無料であること精度が高いことが利点ですが、このほかにアプリなどで自由に地図データを組み込める点が素晴らしいです。地図データは緯度経度などによって取得できます。アプリでの移動経路の表示やGPSと連動させた現在位置のサービスなど地図データはさまざまな分野で利用されてきています。

特に個人開発者にとってはほぼ無料で使えるデータ、使いやすいAPIはアイデアを実現するためにとても有効です。また、サービスの開発については企業にとっても有効です。APIが無料で使える以外にも公開したくないサービスの場合でも比較的安い料金で地図データが使えます。自社のサービスに組み込める地図データはほかにもありますが、価格の面でGoogleマップほど安いものはあまりなく、また、公開サービスなら無料枠が企業にもしっかり配分されているのもうれしいところです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *