Googleマップをアプリに組み込む

GoogleマップはAPIを通じて地図データを広く公開しています。使えるデータは地図のデータのほかに経路緯度からのデータ取得だったり、周辺情報であったりとさまざまです。これらのデータはJSON形式などで配布されることが多く、加工もしやすくなっています。自分のサービスやアプリでGoogleマップを利用するのは簡単ですが、手順を確認しておく必要があります。

GoogleマップをAPIから使うにはGoogleのアカウントをとった上でGoogleマップの利用申請を行います。どちらも無料で行えますのですぐに利用開始できます。登録に際してGoogleのアカウントをとる際に電話確認などが行われることがありますが、自動音声なのでわかりやすいです。利用登録後はAPIを使うためのSDKを取得します。

SDKを使わずともJavascriptだけでデータが取れますが、SDKを使うことでより細かなデータが取れたり、効率が良くなります。Googleマップを使うサービスについては登録する必要はありません。サービスごとに登録するのではなく、あくまでもAPIを使うアカウントごとにチェックされまず。チェックについては利用回数であり、どのAPIをどれだけ使ったかチェックされます。

APIの利用回数は無料枠が設けられていますが、社内で使うクローズドアプリやサービスについては最初から課金となりますので注意が必要ですが、他の地図サービスよりも安く設定されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *