サービスにGoogleマップのデータを利用する

GoogleマップはGoogleが提供している地図サービスですが、ゼンリンが日々メンテナンスをしているデータを利用しているのでとても精度のの高い地図として好評です。これまでの地図サービスは地図の縮尺があまりよくないことが多く、地図を把握することが難しいことが多かったのですが、こまかい道路まで載っているので使い勝手がとてもよいです。このような地図データは従来有料であるのですが、Googleマップでは無料で使えるのもうれしいところです。ウェブから地図を閲覧したり、経路を探索するなどの場合は無料でいくらでも使えます。

また、マップ上に情報を記載することもできますので他にも教えてあげたい情報として日々データが増えています。ユーザーによる地図データについてはチェックが厳しく行われるのも注目点です。このような使い勝手の良い地図データですが、無料の利用者登録をすればほぼ無料で自分のサービスに組み込むことが可能です。GoogleマップのデータはAPIと呼ばれる呼び出し方によって自由に呼び出すことができ、ウェブサービス、スマホのアプリと問わず利用できます。

呼び出し方についてはAPIの無料回数が決められていますが、多くのサービスでは無料枠から離れることはあまりないようです。また、社内用のシステムにも有料ではありますが利用可能であり、多くの企業で独自のサービスやアプリとして社内で最新の地図データとして利用されています。SEO対策のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *