スニペットを意識したSEO対策

検索エンジンにキーワードを入れて検索すると、検索結果が表示されます。それはウェブサイトの一覧で、その上位に入る為にする施策をSEO対策と言いますが、そこに表示されるのはウェブサイトのタイトルだけではありません。少しだけ冒頭の文や、説明文が表示されているのに気付くのではないでしょうか。あれはスニペットと言って、英語の意味としては切れ端や断片といった意味があります。

見て分かる通り、そのサイトの簡単な説明がそこに断片だけ表示されているのです。しかしその少ないテキストも、検索エンジン側に表示されているのですから大事な要素です。そこを読んで興味を持ってもらえるかもしれませんし、アクセスにかなり影響すると言っていいでしょう。これをサイトやブログ側で調整するには、HTMLのディスクリプションという部分にテキストを記載します。

SEO対策で良く言われている、タイトルを大事にする、その次に来るのがこの概要とも言えるディスクリプションです。これもまた文字数が決められているため、検索エンジン側で切れない文字数にしつつ、どれだけ関心を引けるテキストを作れるかがSEO対策と言えます。以前はMETAタグも同様の使われ方をしていて、キーワードをたくさん羅列するべきだと言われていましたが、現在ではディスクリプションが重要と言われており、実際に検索結果に表示されているので、こちらが有効と言えるでしょう。文字数に気を付けつつ、ディスクリプションを上手く使うのがSEO対策の鍵と言えるかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *