ビッグキーワード効果がない場合のSEO対策の見直し

アフィリエイトサイトで収益を上げたいと考えている人にとって、SEO対策をしても期待どおりの上位表示が獲得できないという悩みは付きもののようです。

なかでも、ビッグキーワードを狙ってサイトを作っていても、アクセス数が伸びないというケースは多くあります。では、どのようにすれば上位表示を獲得できるのでしょうか。それには、内部SEO対策をまず見直してみましょう。多くの人が上位表示のために、記事の量を増やすことを考えるかと思いますが、一定の量があればそれ以上に増やしてもあまり効果は見込めません。それよりも、ユーザーと検索エンジンへの最適化を優先することが大事です。

具体的には「キーワードの設定を見直すこと」が挙げられます。例えばタイトルを3つのキーワードで狙っていても、記事内のhタグにそのうちの1キーワードしか含めていなければ、検索エンジンからすると何を言いたいのかが分からず、整合性がないとみなされて評価が下がってしまいます。次に、「ユーザーの使い勝手を向上させる」ことがSEO対策には大切です。

例えば商材がファッションだと仮定して、「おしゃれ」「リーズナブル」「サイズが豊富」な服を探している各ユーザーがサイトを閲覧したとします。その際、各ターゲットごとに、誘導してあげられるページ構成を考えると良いのです。サイズが豊富な服を探しているユーザーが、このサイトを見たときに「リーズナブル」のメニューしかなければすぐにページを閉じてしまうことになるでしょう。この点を改善するためには、全てのターゲット記事をページ内で目に付く場所に配置することで解決します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *