情報量を増やすことでSEO対策をする

最近のウエブサイトを見ていますと、写真や動画の挿入が多くなりました。

見やすくてとてもいいのですが、SEO対策の観点で見るとあまりよくありません。では、文字だらけのサイトにしたらいいのかというと、そういう訳でもありません。バランスが必要になりますが、大事なのは見る人からの視点に立ってサイトを作ることです。もしクリックしたサイトが見にくかったら、すぐに閉じて違うサイトを探します。ですから誰から見ても見やすいサイトを作ることが結果としてSEO対策になるのです。

文字による情報を増やすことも大事になります。なぜ文字かというと機械は写真や動画、絵などを見て良し悪しを判断することが出来ないからです。そのため文字による情報が大切になってくるのです。一つのページに最低2000文字の情報は必要になってきますが、写真やイラストなどと合わせてサイトを作っていきます。SEO対策で優良なサイトというものは誰が見ても役立つ情報が入っており、信頼度が高くてわかりやすいものだといえます。

そのため専門のライターが多数おり、日々ウエブサイトのライティング作業をしています。この作業は人間しかできないことですから大きな意味があるのです。いきなり大量の文章を用意することが出来ない場合は、外部に発注することも可能ですから、いくつかのサイトを比較してみることが出来ます。情報量を増やすことは時間がかかりますが、しっかりサイトを作れば検索で上位表示されるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *