SEO対策とMEO対策の違いとは

検索エンジンの検索結果に上位表示させるためのSEO対策は、Webサイトを運営するに当たって今や欠かせない施策となっていますが、近年はSEO対策だけでなくMEO対策の必要性も高まっています。

MEO対策とはマップエンジンの最適化のことで、GoogleMapの検索結果やローカル検索結果において、Googleマイビジネスの情報を上位に表示させるための対策のことを指します。Googleマイビジネスとは、Googleが無料で提供しているツールで、住所や電話番号、ホームページのアドレスなどの基本情報を登録しておくと、Googleマップ上に登録したビジネス情報を表示させることが可能です。また、ローカル検索とは、検索ワードに地域名が含まれた検索やGPSなどの位置情報が含まれた検索のことです。

例えば、検索ワードに地域名を加えて検索すると、検索結果にはGoogleマップとともに店舗が3つ掲載されたボックスが表示されますが、この3つの枠に表示させることができれば高い集客効果が期待できます。そのため、ローカル検索で表示される3つの店舗にランクインすることがMEO対策を実施する目的のひとつとなります。このように、MEO対策はWebサイトの検索順位向上を図るSEO対策とは異なる施策となります。

また、SEO対策はWebサイトがあればどの業種でも効果的な施策となりますが、MEO対策においては特定の地域で実店舗や施設を有している業種でなければ効果を得ることはできません。例えば、飲食店や小売店、美容室、医療施設などがMEO対策を実施すべき業種と言えます。加えて、MEO対策はSEO対策よりも競合が少ないため、比較的上位表示させるのは容易で効果が出るまでの時間も短いという特徴もあります。ただし、MEO対策を実施する地域が激戦区であった場合は上位表示が難しくなることは念頭に置いておく必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *