大学留学は高い英語力が必要になる

大学留学をする場合は、高い英語力が必要になります。

具体的に言うと、大学の授業を理解できないと、大学留学はできません。大学の授業では、専門的なことが講義されます。それを理解する能力を持っている必要があります。日本人なので、100%完全に理解することはできません。それでも、8割以上は理解できないと、授業についていけなくなります。大学留学をする際は、まず英語の試験を受けなければなりません。この試験で高い点数を取る必要があります。

この試験の点数が悪かったら、留学はできません。留学前の試験はTOEFLと呼ばれます。これは日本人にとっては難しい試験です。リスニングやリーディングだけではなく、ライティングもスピーキングもあります。日本の受験英語では、この2つは出題されないこともあるので、苦手な人が多いです。どうしても留学したい場合は、徹底的に勉強する必要があります。独学でも良いのですが、学校に通った方が良いでしょう。

特に英語の苦手な人は、通いましょう。学校に行くことで、スピーキングとライティングの力を身に付けられます。この2つは、ネーティブの先生に見てもらえば、上達することが多いです。特に発音を指導してもらえるのは、大きなメリットがです。きれいな発音ができるようになれば、大学に留学して、現地で生活する時に大きなメリットになります。ライティングの方は、ネーティブに教えてもらうと自然な英文を書けるようになります。
アメリカ留学のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *