語学習得と発展途上国の認識を実現するフィリピン留学

語学習得が主な目的として掲げられることが多いのが留学ですが、将来的に世界を視野においたり、世界展開を行ったりしている企業に勤めることを考えている場合には忘れてはならない視点があります。

それは、先進国と呼ばれている経済大国以外の国の実情について身をもって経験するということです。英語の習得とそういった経験とが同時に実現できる方法として筆頭にあがるのはフィリピン留学となります。人口の増加や産業の発展の速度等、様々な観点から将来における発展が予想されているのが発展途上国と呼ばれる国であり、その国ごとの差も大きなものがあります。

しかし、先進国にいると教科書やニュースレベルでしかその実情に触れられる機会はありません。教科書の内容は数年前のものであることも多く、ニュースはその国の一面しか反映していないことから、実際に足を踏み入れてみなければ実情を理解することはできないのです。フィリピンは発展途上国の代表例であり、教科書的には大自然の中で暮らしていて都市生活とはかけ離れているような印象が与えられます。

しかし、実際にフィリピン留学に行ってみると観光地を中心とした都市化は著しく、大きく都市部から離れなければそこが発展途上国だという意識すらなくなってしまう状況があります。何をもって発展途上と言うかがわからなくなってしまうことは否めません。英語習得に加えてそういった体験を兼ねられるのがフィリピン留学をするメリットなのです。
アメリカ留学のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *