英語留学で人の豊かな暮らしを考える

英語留学は、単に英語を学んで交流を深めるだけではなく、いろんなメリットがあります。

一番大きなメリットは、人によって違いますが、いろんな国の人の豊かな暮らしについての理解を深められるということです。その土地のいろんな工夫があって生活を定着させているので、その土地の歴史、気候、生活環境などについての理解が深まれば、日本を見直す良い勉強材料となります。日本の弱点を良い方向に持っていくことができれば、日本人としての誇りを持つことができます。

英語留学で、実際にいろんな仕事をしているところに見学に行って、経済とか文化、産業、歴史、グルメ、生産などを幅広く見聞きして良いと思う点を日本に取り入れるということができれば、生きた人生勉強となり、帰国してからも将来の仕事などに大いに役に立ちます。帰国してから日本の会社に就職するということは、世界から見た日本を十分に理解していることで日本のメリットやデメリットが良くわかるということです。

このことは、日本の中の日本しか知らない人よりもはるかに見識が広くて、いろんな判断材料が豊富にあるということです。その意味では、英語留学でどんなジャンルで見識を広められたかがすごく重要になります。その道に優れた人になるために、いろんなことを幅広く知り、専門分野を自分で見つけていくという機会を得ることに英語留学の意味があるのではないでしょうか。できるだけいろんな分野で実習とか交流の機会を多く持って、得意な専門分野を見つけることが良い勉強になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *