英語留学で海外文化を学ぼう

英語留学では、語学学習を深めることができます。

入学するスクールで教える先生は、現地に住むネイティブの方で、集まった生徒は日本人以外にも、アジア、中東、ヨーロッパの多くの国々からの人がいます。それぞれの国の英語教育の違いから、得意とする分野が違います。日本では、リーディングや文法に力を入れた教育が行われてきたので、日本人は読む力や正確な文法で書く力が優れていますが、自分の意見を話すことが苦手な傾向にあります。ほかの国では、自分の母国語と英語の類似性から、英語を話すことには抵抗がなくても、文法が間違っていたり、英文を読むのが苦手だったりすることもあります。

教育的背景の違いを感じ、刺激を受けながら語学学習を深めていくことができます。英語留学をすると、語学の勉強だけでなく、海外文化の知識も深めることができます。英語留学先には、信仰されている宗教が複数あり、日本との違いを感じることができます。

キリスト教の強い地域に行けば、クリスマスやイースターの時期のお祭り騒ぎを楽しんだり、イスラム教などの人も集まるパーティーに出席すれば、お肉を使わない料理が用意されていることに気付きます。そして、日本はどういう宗教感があるのか、どういうお祭りがあるのか、伝統文化について海外の人から問われる可能性もあります。書籍などを通して一度日本について調べて知っておけばスムーズに答えられ、ほかの国の人に日本のことをよく知ってもらえるチャンスになります。
アメリカ留学のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *