語学留学の成功の秘訣

海外に語学留学をしても、上達しないで帰国する人が多くいます。

それでは、交通費と滞在費が無駄になってしまいます。そこで、どうしたらよいのか3つの秘策をご紹介します。まず始めに、留学先では、日本人の友達を多く作らないことです。特に、アメリカやオーストラリアでは、多くの日本人がいます。またそこでは、日本食レストランや日本人が作るコミュニティーなどもあり、何不自由なく、日本にいる時の感覚で生活ができてしまいます。そのような環境では、現地の言葉を使う機会が減ってしまいます。毎日、少しでも言葉を使わなければ、語学は上達しません。日本人の友達より、現地の友だちを多く作ることが大切です。

次に、留学先では、その国に住んでいる人や社会と多く接することが大切です。例えば、外食や買い物をする時、日系でなく現地のお店に行けば、現地の言葉を話さなくてはなりません。常日頃から、現地の言葉を聞く、話すという習慣を身に付けておかなければ、語学は上達しません。最後に、語学学校に通えば、言葉が話せるようになるとは思わないことです。授業は、読み書きを中心に勉強をするケースが多いです。話す訓練はしても、それがメインではありません。

また、ネイティブでその現地の言葉を使うのは、先生だけです。周りの生徒も同様にその語学を学ぶために留学しに来ていますから、ネイティブスピーカーではないのです。基本的な語学の知識を得て、社会に出て行ってその言葉を使わなければ上達しません。語学をマスターするには、留学先の言葉を多く使える環境にすることが重要です。その為にも、日本人の友だちは少なくし、現地の社会に出て行って、学校で学んだ知識を活かしながらその言葉を多く使う事が大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *