治安や環境を調べてから留学先を選ぼう

留学を考えたらまず、安心して勉強に打ち込める環境か否かを調べる必要があります。

都市部は比較的どの国でも治安が悪いところが多く、日本で生活していると気がつかない、危険な状況に自分の身を置いてしまう事になる事があるからです。留学先の国を問わず、盗難は日常茶飯事の出来事だという事を理解しなければなりません。

留学中の生活は、学校などの寮に滞在する人もいれば、ホームステイをする、シェアハウスをする、シェアルームをする、一人暮らしをするなど様々です。しかし、必ず他国の人との交流があるので、一緒に遊びに行ったり、一緒に生活をする場合、行動を共にする人と言葉によるコミュニケーションが十分にとれない時は、特に注意が必要です。

言葉によるコミュニケーションに自信がないときは、夜間の時間帯に出かけることは避けるか、安全を確保してから出かける必要があります。地域によっては、車での移動でないと危険を伴う場合がある事があります。

安心して留学生活を送るために、滞在場所の治安は事前によく調べ、その上でホームステイにするのか、寮にするのかなどを決めると良いでしょう。シェアハウスや、シェアルームに興味がある人は、最初からその環境に飛び込むのではなく、ある程度滞在して、その地域を知ってから、知人と一緒に部屋をシェアした方が安心です。

また渡航前に、盗難保険に加入しておくと、コンピューターなど学習に必要な物が盗難された場合、すぐに新しい物が買えるので勉学に支障が出るのを最小限にできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *