英語留学の新しいトレンドはセブ島

本場で生きた英語を学ぶなら海外で語学学校などに通ったり、現地の人たちと直接英語で交渉してみるのが一番です。

今までは英語を学ぶ留学先としては英語圏の国、すなわちカナダやアメリカ、イギリスなどが人気でしたが、安くて質の高い英語教育を受けられるということで最近はフィリピンのセブ島に短期留学するのが流行しています。

フィリピンは海外の語学学校や企業などと提携することで外国人向けの英語教育に力を入れています。欧米とは異なった学習スタイルで徹底的なマンツーマンをしてくれますから、個人の英語力にあった指導内容やペースを考えてくれます。

語学留学目的でフィリピンに来る人が増えればそれだけたくさんのサービスやモノの消費などが発生しますから、経済の活性化にもなりますね。その中でもセブ島への留学が多いのは、リゾート地でもあるので海外旅行感覚で過ごせたり、滞在期間をエンジョイできるからという面もあります。

日本企業が出資しているスクールも目立ちますから、スクールの経営している所が信用できないということは少なくなっています。

ホームステイや見知らぬ土地での一人暮らしは不安で仕方ない、トラブルに巻き込まれたらと思ったら怖くて仕方ないという人でも、セブ島などのリゾート地なら日本人観光客も多いですし、全寮制の施設で多くの日本人生徒と生活することになりますから、タガログ語や英語が話せなくても日常生活で困ることはまずないでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *