留学をしたときだけに得られるもの

海外留学というと、華やかでスキルアップができる、人生において輝かしい体験であるように聞こえます。

実際に、留学を経験した人たちは、現地での生活の中で語学力をアップさせ、海外での友達を作って、楽しく忘れ難い経験をして帰ってきています。留学の経験があったために、視野が広がって職業選択に影響を与えたり、会社での業績アップにつながるなどの良い結果を生み出しています。

こういう結果を見ていると、留学をすれば楽しい思いをして帰ってくるんだというイメージがありますが、本当のところは、現地ではいくつかの辛い経験を経て、大変な努力をして成長をしているのが分かります。

いくら日本で英語を学んでいたとしても、外国人と話す経験が少ないのであれば、現地での生活のスタートアップは大変なものです。自分の言いたいことが英語で表現できずにもどかしい気持ちになったり、発音がうまくできなくて言いたいことが相手に伝わらないなどの経験をするのはよくあることです。

また、相手の英語のスピードが速すぎたり、そもそも何を言っているのかが全く聞き取れないといったこともあります。同じ留学生の間でも友達の上達の速さを目の当たりにして、自分はダメなんじゃないかと落ち込むこともあります。

自分のできない点を見つめて、自宅では単語を必死に覚えたり、自ら現地人のコミュニティに入って上手く話せないながらもコミュニケーションの輪に入るなどのチャレンジをしています。こういった努力の成果が得らるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *