海外留学中は質問上手と聞き流し上手に

海外への留学中はクラスやホームステイ先、パーティーの場などで、黙っているのは喜ばれない行為です。

クラスではディスカッションに参加しないと減点されたり、人の集まる場所で何も言わないでいると何を考えているかわからない変な人と誤解されたりもします。そうはいっても、英語に自信がない頃には、聞き返されるのがつらいので、自分の考えを聞かれても英語ではすぐに出てこないので、つい黙ってしまうのが現実です。

そのため、海外留学中は質問上手になるのがポイントです。クラスでもホームステイ先でもパーティーでも質問することで会話に参加します。アメリカの場合は話好きという特性もありますし、ほかの海外留学先でも特にフレンドリーな国民性のところもあるもので、こちらが質問することで、相手に話してもらうようにするのです。また、質問上手と同様に自分の意見をいうことなく簡単な返事を駆使することで、会話やディスカッションに入る方法もあります。

海外留学中は、生活の中に英語があふれていても、脳にはキャパがあるので、1日中きいていても理解できるわけではないのです。そのため、必要以外の英語の情報はある程度、聞き流すことも必要になります。クラスで宿題やテスト内容の説明は大切な情報なので集中して聞き、ディスカッション中は自分の意見を考えることに集中して、しゃべっていることは聞き流し、質問するにしても、自分の知りたいことを課題にするほうが興味をもって聞けるし、会話もはずむものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *