未来を見据えてのアメリカ留学

「アメリカ」という国名を聞いて日本人の方が思い浮かべることは、大きなハンバーガーやステーキなどの食文化、自由の女神やディズニーワールドなどの観光地、また、「英語」という言語なども挙げられることでしょう。

英語は「英」と明記されているとおり、英国の言葉ですが、米国で公用語として扱われています。学生の頃に、洋画を目にすると外国に憧れを抱く人は多くいます。「主人公みたいに大きなハンバーガーを頬張ってみたい」、や、「あんな風に英語をしゃべることができるようになりたい」と思うことでしょう。そこで、アメリカへの留学を検討してみませんか?日本にいるだけでは感じることができないもの、目にすることができないことを、身を以て体験することができます。

その国に出向くからこそ学ぶことがたくさんあります。留学は言語の習得のためだけではありません。その国特有の文化や雰囲気を感じ取ることも1つの学びです。また、1回外国に行くことにより改めて日本の良さに気付くことができるようになります。留学は「あ、行きたい!じゃあ、行こう!」なんて簡単に行けるものではありませんが、高校や大学によってはきちんと留学のプログラムが設けられていたりし、長期休みを利用しアメリカなどの外国を訪れることができるかと思います。

2020年に東京オリンピックを控えており、ぼんやりと「オリンピックに少しでも携わりたいな」と思っていても、実際何ができるか尋ねられると答えが見つからないでしょう。留学を通して、一度外国を自分の目で見てみて、異国の文化を肌で感じ、英語を習得し、その経験を生かしたオリンピックへの貢献に役立てるきっかけを作ることを検討してみませんか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *