お子様のアメリカ留学の注意点

現代では一般家庭でもアメリカ留学がそう手の届かない世界ではなくなってきました。

現在では気軽に行けるショートステイなどもありますし、内容も様々です。ですが、昔よりやや手軽になってきた分、事前によく調べる必要が出てきます。特にまだ高校生以下のお子様がアメリカ留学をする際には、安全面ももちろんのこと、折角遠くまで行ったことが良い経験となるように、事前に調べておくポイントがたくさんあります。まずは、日本を一歩出ると、差別にあうという事実です。

日本人が思っているほど、単純なものではありません。ですから、せめて何も情報がない状態で送り出すのではなく、日本人はアジア人であるということ、黄色人種であることで、どのような差別があるのか、よく話しておく必要があります。何も知らないでアメリカでショックを受けるよりは心の準備をしておいた方がいいでしょう。アメリカ人は10代でも日本人よりも大人びて見えるかもしれませんが、確かに留学先によっては刺激を受けて、今までお洒落に気を使わなかったのに、帰国後に急に派手になる女のお子様もいます。

これは日本国内でも身近にあることですが、育つ家庭環境によってどのように成長していくかはアメリカ人でも一緒です。ですから、もし留学したことにより周囲からの悪影響を受けて帰国することになる可能性を考えるならば、自身の家庭環境と似た家庭が集まるような学校や、家庭を事前によく調べてから留学をさせるといいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *