留学先として注目されるセブ

語学学習はテキストを使って独学で進めるよりも、現地に行って本物を自分の耳で聞いたほうが上達が早いと言われます。

確かに外国語は日本語とは違った発音やアクセントが多く、それを習得するためにも留学は最適な学習法と言えます。

そんな語学留学のシーンでは、新たな進学先が話題となっています。それがフィリピンにあるセブ島です。これまで海外で学ぼうとすると、アメリカやヨーロッパといった国々が主流でした。

英語の本場である上に、現地で学ぶための学校も充実していたからです。

それに替わって台頭してきたセブ島は、従来の国々よりも優れたメリットが多いことから利用者が年々増え続けています。

最も魅力的なメリットは、学習にかかる費用が割安なことです。

海外で学ぶには、現地での滞在費や旅費など、かなりのお金を用意しなくてはいけません。

アメリカをはじめとする国々は、先進国であるためいずれの費用も高くつくのが問題でした。一方でセブ島は物価がまだ安いため、少ない費用で充実した生活を送ることができます。その上、東南アジアにあることから日本からも非常に近く、旅費もかなり安く済みます。もちろん学校へ通うための費用も割安で、コストパフォーマンス的に優れているのが特徴です。加えて美しいリゾート地が広がっており、観光を楽しめるという利点もあります。

東南アジアは日本よりも気温が暖かい国が多く、一年を通して過ごしやすい地域です。きれいなビーチも多く、留学とレジャーを両立させることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *