セブ島に留学するポイント

近年では、フィリピンへの留学者数が増えてきています。特にリゾート地であるセブ島が人気で、日本からも直行便が出ているほどです。

セブ島に留学するメリットとしては、観光地としても人気のため日本人関連のインフラが充実しており、領事館もあって、綺麗な海とアクティビティも楽しめます。

また、セブ島は治安が良いのも特徴で、病院やレストラン、映画館などの施設も充実しています。

留学先の学校は様々なものがありますが、学校には二種類あります。

スパルタタイプの学校の特徴は平日は学校以外の外出が禁止で、毎日自習や小テストがあります。学校によって程度は異なりますが母国語はルールとして禁止されており、日本人の比率は3割以下の学校が大半です。厳しい分だけ英語力を身につけることができ、外国の友達も作りやすくなります。

ノーマルタイプの学校は、平日授業が終わったとは外出が自由で、実習は個人の裁量で自由に実習室が使え、母国語で話している学生も多数いて、日本人の比率は学校によって異なります。

同じ日本人がいるというのは安心ですが、その分英語を身につけられなかったというケースも考えられます。

選ぶ場合には、自分の性格やプランによって費用なども考慮して、より合っている方を選んでいくことが大切です。フィリピン留学は費用が安めなことが特徴ですが、セブ島はリゾート地であるため日本人生徒も多く、中長期になると費用がやや高くなる傾向があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *